建具・床・クロス

2020年4月2日 公開

Q.フローリングの傷の補修方法を教えてください。

フローリング専用の補修剤で直しましょう

へこみやキズをつけてしまったら、フローリング専用の補修剤で直しましょう。
完全に元通りにはなりませんが、目立たなくすることができます。


細かいキズ・浅いキズの補修

細く浅いすりキズや引っかきキズには、クレヨンタイプの補修剤を塗って直しましょう。

  1. フローリングに近い色の補修剤を用意します。
    ※合う色がないときは、2色の補修剤を混ぜて色を合わせます。
  2. キズの中に補修材が埋まるように、キズと交差させながら塗り込みます。
  3. 補修剤を埋め込んだら、ヘラなどで盛り上がっている余分な補修剤を取り除きます。
  4. 周囲に付着した補修剤をやわらかい布で拭き取ります。
  5. 補修面に透明なラッカーなどを塗ると、補修面が保護されます。

補修前

補修後


補修方法

パッチャルペンシルをカッターやヘラで必要量とり、キズにすり込むように埋めて平らにします。

※カッターやヘラはご自身でご用意ください。
※パッチャルペンシルが硬い場合は、ドライヤーなどをあてて熱でやわらかく溶かして作業してください。

パッチャルペンシルはこちらからお求めいただけます。
『床・クロス』ハーモネートショッピングクラブ


深いキズ・へこみの補修

床が陥没してしまった場合は、硬質パテ(ハードステック等)を使用します。
今回は、フローリング補修キットを使用した直し方をご案内します。

カッターで傷ついたフローリングの縁を削り、平らにします。

  1.  ハードステックをホットナイフで溶かして傷に少し盛り上がるくらい充填します。
    必要に応じて、他の色のハードステックを傷の中で混ぜ合わせて、色を調整しましょう。
  2. パテの熱が冷めるまでそのまま1~2分おいてください。
  3. スペシャルフィラーズアプリケーターで表面を平らにします。
  4. スペシャルフィラーズアプリケーター内のナイロンパッドで表面を擦り、光沢を調整します。

CONTACT

お問い合わせ

お電話またはメールフォームからお問い合わせください。

アフターサービス
修理・補修・お手入れのご相談

ファミエス事業部
診断・リフォーム・お困りごとのご相談

ページトップへ